こんにちは!
尾崎沙織(おざきさおり)です。

前回に引き続き、
社交ダンスの種目について書いて
みようと思います。

後編は、ラテンアメリカン部門
ついてご説明していきますね。

社交ダンスの種目について

ラテンアメリカン部門には
以下の6種目あります。

  • ジルバ
  • チャチャチャ
  • サンバ
  • ルンバ
  • パソドブレ
  • ジャイブ

まず最初に習うのは、ジルバという
種目になります。

それでは、ジルバから
ご説明していきたいと思います。

ジルバ(jitterbug)

ジルバの特徴は、
リズミカルで軽快に踊る
ダンスです。

ブルースと同じで、競技会では踊ら
れない、パーティー用のダンスです。

サルサに雰囲気が似ているでしょうか?

それでは次は、チャチャチャに
ついてです。

チャチャチャ(ChaChaCha)

ダンサーの床を叩くステップの音が
キューバの擬音語でチャチャチャと言う
ところから名付けられたそうです。

一言で表すと、
軽快で歯切れのよいダンス
です。

メリハリがあり素早く動くことが特徴で、
元気よくはつらつとしたイメージでしょうか。

足の動きが早いので身体を軽く引き上げて
踊る事になります。

きゅっと引きあがったふくらはぎを
目指したい方は良いかもしれませんね。

それでは、いったいどのような踊り
なのでしょうか?
動画はこちらです☟

 

それでは次は、サンバについてです。

サンバ(Samba)

サンバの特徴は、エキサイティング
な音楽に合わせて脈打つようなリズム
や動きです。

この独特な動きをすることで、
相当のヒップアップやお腹の引き締めに
役立つのではないでしょうか(^^?

では、どんな踊りなのか見てみましょう。
動画はこちらです☟

 

それでは次に、ルンバについてです。

ルンバ(Rumba)

ルンバとは、キューバのアフリカ系住民
から生まれたラテン音楽です。

滑らかでゆったりした動きが特徴です。

よく、愛の表現などと解釈される
こともあります。

男女のやりとりが一番見えやすい
ダンスといったところでしょうか。
動画はこちらです。☟

セクシーで、大人っぽい妖艶な
ダンスになります。
大人の色気を纏うことができるのでは
ないでしょうか?

さて続いては、パソ・ドブレです。

パソ・ドブレ(PasoDoble)

パソ・ドブレの特徴は、闘牛場を
イメージしているところです。

男性は闘牛士になりきり、女性は
闘牛士の恋人であるフラメンコ
ダンサー、ケープ、牛になりきります。

闘牛士と牛が戦う場面があったり、
かと思えば、闘牛士がケープを振り
回して観客にアピールしたり・・・

演劇のように、
ストーリーが見えやすいダンス
なのではないでしょうか?

緊張感がとても見ごたえのあるダンス
です♪
動画はこちらです☟

隙を見せると戦いに負けてしまい、
命も危ないシーンですから、それは
当然かもしれませんね。

相手への集中力がぐっと身に付くのでは
ないでしょうか?

最後にご紹介するのは、ジャイブです。

ジャイブ(Jive)

ジャイブは、ジルバと同じ曲で踊れます。
ステップも似ているので、ジルバの発展
型と言ったところでしょうか?

元気に飛び跳ねるように踊る明るい
イメージのあるダンスです。

運動量もあるので、汗をたくさんかき
たい方にはもってこいかもしれません!

以上が、
ラテンアメリカン部門の6種目になります。

それでは、
6種目踊れないと楽しめないのでしょか?

いえいえ、全くそんなことはありません!

ジルバ、ルンバが踊れれば、まず
楽しんで頂くことができますので
どうぞご安心下さいね(^^

——————————–

◎社交ダンスをされる方のために
必要な衣装や靴などはどこで
買えば良いのか?
社交ダンスを始める前の基礎知識
に関する資料を無料でプレゼント
します(^^)/
↓↓↓こちらからお受け取り下さい↓↓↓


◎健康的な身体でいられる
美BODYエクササイズの動画を
期間限定
でプレゼント中です♪
↓↓↓LINE登録でこちらからお受け取り下さい♪↓↓↓
QRコードでのご登録はこちら↓↓

——————————–

※お問い合わせはこちらから