こんにちは。尾崎沙織です。

カメラを前にお洋服
屋さんでモデルのお仕事をしいる
受講生さんから連絡がありました。

先日、ウォーキングとポージング
に指導をさせて頂いたのですが、
カメラの前でのポーズが変わった
いうのです。

ポージングにはコツがあって、
まずスタイルを良く見せること、
お洋服を良く見せることが大切です。

受講生さんは、お洋服が大好きで
自己表現も好きだそうで・・・

写真を趣味にしている方なんです。

そんな受講生の方が送って下さった
写真がこちらです。

とてもお洋服の良さと、彼女の
表情やちょっとした角度が工夫され
ていて、さりげないポーズが素敵♪

このようなお声を頂くのは本当に
れしいことです(*’▽’)

ポージングのコツとは、どんな
ことなのかについて、ちょこっと
お話ししますね♪

まず、頭部、上半身、下半身に
分けて考えます

この3つの面をバラバラに向ける
こと、左右をアシンメトリー
作ることです。

そして、左右の上下差や、前後差
をつけて、立体的なポーズに仕上
げます。

例えば、左右の骨盤の高さを変えた
り、肋骨の前後差をつける為に、
下半身と上半身を別の方向に向ける
など、

ちょっとした工夫で印象はガラッと
変わります。

顔の向きや角度、指先の形や呼吸も
大切です。

指先まで意識をして拘ること。
どこを見せたいのか主役を決めて
上げることが大切です。

写真を撮られる機会があれば、是非
さりげなくトライしてみて下さいね。

 

それでは今日はこの辺で♪