社交ダンスと言うと、ワルツやタンゴ
を思い浮かべる方が多いかと思いますが、

スローフォックストロットと言う言葉
を聞いたことがある方は少ないかなと
思います。

簡単にお話しすると、4拍子の音楽
に合わせて踊る種目になります。

ひたすら歩いて進んでいくダンス
になります。

初心者の内は、ワルツやタンゴを
習うケースが多く、初中級くらい
のレベルになると、

スローフォックストロットを習う
ケースが多いでしょうか。

名前が長いので、略して、スローと
呼ばれています。

 

スローフォックストロットについて

それでは、スローフォックストロット
とは、どんなダンスでしょうか。

実際にパーティーで踊った動画を
載せますので、どうぞご覧下さい。↓↓

 

 

スローフォックストロットの歴史

それでは、ここでスローフォックス
トロットの歴史について触れてみたい
と思います。

先ず、19世紀にアメリカでラグタイ
ムと呼ばれるダンスが誕生しました。

後に音楽ジャンルでもあるジャズ
へと進化を遂げ、このラグタイムに
合わせて誕生したそうです。

当初、フォックストロットと呼ば
れており、

とても激しくスピーディーな動きが
必要で、アメリカや欧州でも大流行
したそうです。

そして1929年頃、本来のフォックス
トロットのテンポをゆったりと遅くし、

ワルツの要素も組み込まれて
「スローフォックストロット」が誕生
したと言われています。

 

歩ければ踊れる!スローフォックストロット

スローフォックストロットの
特徴は、歩くことです。

前に歩いたり、後ろに歩いたり、
蟹さん歩きのように横ぎみに歩い
たりします。

緩やかな波を描くように、踊って
いきます。

特徴は、4拍子で踊るのですが、
4拍子のリズムの中にステップが
3歩というパターンが多いということ。

少し中級者向けなので、初心者の
うちは、同じ音楽で、

ブルースと言う優しく簡単なダンス
を踊ります。

私のレッスンでは、まずこのブルース
を踊って頂いています。

ブルースと言うダンスも、歩くこと
が基本です。

しっかり歩くことを学んで頂いて
から、スローフォックストロットに
入る方が、上達も早いと思います。

 

ワルツについてはこちら
タンゴについてはこちら
クイックステップについてはこちら

 

◎社交ダンスをされる方のために
必要な衣装や靴などはどこで
買えば良いのか?

社交ダンスを始める前の基礎知識
に関する資料を無料でプレゼント
します(^^)/
↓↓↓こちらからお受け取り下さい↓↓↓



◎初めてでも優雅に踊るための
美しい姿勢とボディづくりの動画を
期間限定
でプレゼント中です♪
↓↓↓LINE登録でこちらからお受け取り下さい♪↓↓↓
QRコードでのご登録はこちら↓↓

——————————–

※お問い合わせはこちらから