社交ダンスは、年齢を問わず楽しむことができる、鹿鳴館時代から続く歴史ある文化です。

50代以上の方々にとって、社交ダンスは、身体の健康面や心のケアなど、多くの嬉しい効果があります。このブログ記事では、社交ダンスを始めると得られる嬉しい効果について詳しく紹介し、なぜ50代以上の方々が社交ダンスをやるべきなのかについてお話ししてます。

 

社交ダンスは筋肉がついて老化が防げる

バランス感覚の向上で歩行が楽になる

社交ダンスでは、正しい姿勢を保ちながら動くので、自然とバランス感覚が養われます。

また、社交ダンスは舞踊ではなく、舞踏です。つまり、社交ダンスの基本は歩くことです。バランスが悪いと、一緒に踊っている相手に負担がかかってしまうため、まずは自分自信の姿勢を正してバランス良く歩くことが大切になります。

歩くということは、前後左右、その場の足踏みが含まれます。社交ダンスの様々なステップは、これら色々な歩き方の組み合わせで成り立っています。

前後左右にステップを踏むことで、身体の重心を適切に保つことが上手になります。これによって、転倒のリスクが減り、日常生活でもキレイな姿勢で安定した歩行ができるようになります。

しなやかな筋肉で日々の所作が美しくなる

社交ダンスの動きは関節や筋肉を幅広く動かすため、柔軟性があがり、しなやかな動きができるようになります。

年齢を重ねると筋肉が固くなりやすいですが、社交ダンスを踊り続けることで、しなやかな筋肉が養われ、踊っている時だけでなく、日々の所作も美しくなる方が多いです。

特に、ストレッチは、身体の中から筋肉を伸ばし、柔軟性を保つのに役立ちます。また、足腰を使う動きが多い社交ダンスは、下半身の筋力を強化するのに最適です。

ちなみに、筋肉をつけると一言で言っても、用途に合わせてつける必要があります。社交ダンスの場合、固くて強靭な筋肉や、ボディビルのような魅せる筋肉と言うよりも、しなやかで動きやすい筋肉をつけることが大切です。

人間の筋肉の75%は下半身にあると言われていますので、下半身が鍛えられると、筋肉量が上がり、代謝が上がるため、社交ダンスはダイエット効果も期待できるのです。

また、年齢を重ねても自分の脚でキレイに歩けることで、自信にも繋がります。社交ダンスを踊っている方の中には、90代でも、ハイヒールを履いて背筋を伸ばしてさっそうと歩く女性もいらっしゃいます。

ダイエット・アンチエイジング効果で10歳若くみられる

社交ダンスは適度な有酸素運動としてもおすすめです。

踊る時間は、一回90秒から3分くらいです。音楽がかかっている間はずっと踊り続けることになるため、短くても90秒は動き続けます。また、相手の動きに合わせながら相手のペースに合わせて体を動かすことで、一人で動くよりも運動量が上がります。結果、心拍数もその分上がり、カロリーを消費します。

これにより、ダイエット効果が期待できます。また、社交ダンスのような継続的な運動は血行を良くし、新陳代謝を活発にするため、アンチエイジング効果も期待できるのです。

社交ダンスをやっていると、10歳くらい若く見える方は多く、同窓会に参加しても若々しくハツラツとしていて褒められたと喜ぶ方もいらっしゃいました。

 

ストレス解消&リラックス!心が満たされて幸せになる

音楽に合わせて動くことで頭が活性化して仕事がはかどる

社交ダンスは音楽に合わせて踊るため、自然とリズムに乗ることによるリラックス効果が得られるでしょう。

音楽のリズムに身を委ねることで、心身の緊張がほぐれ、ストレスが軽減されます。特に好きな音楽に合わせて踊ることは、心の癒しとなり、日常の疲れを忘れさせてくれます。

また、踊りながら楽しくおしゃべりを楽しむなど、普段合わない人とのコミュニケーションを図るのも良い気分転換となることでしょう。

そして、社交ダンスは、頭でステップを考えて、それを瞬時に身体でアウトプットするので、かなり良い脳トレにもなります。

踊っている間は、音楽、ステップ、相手の動き、周りの状況をいっぺんに把握するので、かなり集中するため、余計なことを考える隙もなく、仕事や日常のこと、雑念をその瞬間だけでも忘れることができます。

そのためか、踊った後は、頭がスッキリすると言う方もいらっしゃいます。

私の生徒さんでも、頭がスッキリして仕事がはかどったとおっしゃる方も実際に多いです。

エスコートされるトキメキを味わえる

社交ダンスはペアで行う活動です。その時に一緒に踊る相手と手を取り合い、共に動きを合わせることで、オキシトシンというホルモンの分泌が促進されるとも言われています。

オキシトシンは「愛情ホルモン」とも呼ばれ、安心感や親密感を高める効果があります。このホルモンの分泌により、ヒーリング効果やストレスの軽減が期待できるのです。

また、社交ダンスは基本的に男女のペアで踊るため、異性の目を自然と意識するからか、おしゃれや身なりに気を遣ったり、女性であれば、今までよりも華やかな色の服を着るようになる方も多いです。

また、健全なスキンシップがあることで、交感神経も優位になり、女性は女性性が上がり、男性も、男性性が上がる方も多いのも社交ダンスの魅力です。

 

社交ダンスが認知症予防ナンバー1と言われる理由

新しいステップやパターンの習得は脳トレになる

社交ダンスでは、常に新しいステップやパターンを学ぶことが求められます。

これにより、脳が刺激され、認知機能や記憶力が向上します。特に、複雑な動きを覚えることは、脳の働きを活発にし、老化を防ぐことに繋るのではないでしょうか。

男性であれば、自分のステップを踏みながら、相手の動きや状態も把握し、次にどのステップを踊るか考えながら曲に合わせて動いていきます。

フロア全体を観て動くため、全体を俯瞰してみる、自分を常に客観的に見る能力が養われると思います。

また、女性との位置関係なども配慮しながら踊ることで、女性にモテる究極の気遣いが身に付くと言えるでしょう。

また、女性においては、自分のステップを何パターンか覚えたうえで、男性が踏むステップを察知してついていきます。

社交ダンスは、男性のリードに合わせて動くため、女性が勝手に動くのではく、あくまでも男性の動きを瞬時に感じ取って、つていくので、繊細な感覚と俊敏な判断力が身に付きます。

脳を活性化する歩き方で認知症を予防できる

社交ダンスの特徴である、後ろ歩きや横歩きなど、日常生活とは異なる歩行パターンを練習することで、脳の新しい部分が活性化されます。これが、認知症予防に役に立ちます。

社交ダンスの基本は歩くことですが、特に後ろに歩く練習は脳に新しい刺激を与えます。これによって、社交ダンスは認知症予防ナンバー1とも言われているのです。

厚労省のホームページに高齢者におすすめしたいレクレーションとして紹介されています。

3.高齢者の健康づくりのためのレクレーション活動や軽スポーツ
高齢者が安全で、楽しく、かつ運動効果が期待できるレクレーション活動や軽スポーツとしては以下のものがある。
1)レクレーション活動 
(1)ハイキング、ピクニック、オリエンテーリング、キャンピング
(2)旅行、ホステリング
(3)社交ダンス、フォークダンス、盆踊り、日本舞踊、民踊
(4)家や庭の手入れ、家庭菜園、ガーデニング

※引用元はこちらです。⇒ https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b2.html

 

社交ダンスは思いやりが大切!人としても成長できる

人との信頼関係やパートナーシップが養われる

社交ダンスはペアダンスが基本であり、一緒に踊る相手と協力し合って踊ることが大切です。

常に相手が求めているものを察知することが習慣になるため、どんな相手とでも、信頼関係を築く細やかな気遣いが身に付きます。社交ダンスを踊っている間は、相手を尊重し、大切にし、動きを感じながら合わせて踊ることで、コミュニケーション能力が高まります

また、上手く踊れない時は、相手に原因を追究するのではなく、自分の踊り方を見直すなど、相手を自分の鏡と捉えて、自分のダンス技術を磨くことができるので、ダンスの上達にも繋がります。

例えば、男性なら、女性が思い通りに動いてくれなかったり、踊りにくそうにしていると感じたら、自分の踊りを見直すチャンスですし、相手が笑顔で気持ちよさそうに踊っていたら、自分は上手に踊れていると解釈することもできるのです。

また、女性に例えて言うと、踊りにくさを感じたら、自分の姿勢や立ち位置を見直すなどの工夫をすると上達に繋がりますし、踊りやすいと感じたら、おもいっきり褒めてあげると、相手は喜びます。褒め上手になることで、パートナーシップも上手くいくと思います。

このような楽しくて円滑なコミュニケーションは、自然と、日常の人間関係やパートナーシップにも反映してくるのではないでしょうか。

普段知り合えないような人とも仲良くなれるチャンス

社交ダンスの世界には、年齢や性別を問わず、多様なバックグラウンドを持つ人々が集まっています。

社交ダンス競技会やイベントに参加することで、様々な世代や文化を持つ人々と交流する機会が増えます。これにより、新しいネットワークが広がります。

また、社交ダンスを踊れると船旅が格段と楽しくなります。船によっては、毎晩社交ダンスパーティーが開催され、国際交流とも言える様々な国の人と踊る機会もあります。

毎晩顔を合わせていると、仲良くなったり、言葉が通じなくてもダンスでコミュニケーションを図ると言う楽しみ方も体験できるのです。

そして、社交ダンスのパーティーやダンスホールでは、普段は会わないような人と交流を持てる機会にもなります。普段決まった職場で仕事をするのであれば、会社の中、取引先など、会う相手が決まってくると思いますが、

社交ダンスのイベントに参加すると、色々な仕事をしている人と知り合えたり、偶然にも同じ趣味を持っている人と知り合ったり、世界観が広がります。

 

社交ダンスでセカンドライフを華やかに生きる

自由に表現することで自分に自信が持てる

社交ダンスには12種類の種目があり、それぞれに異なるステップやリズム、踊るのに相応しい音楽があります

ちなみに、12種目とは、

  1. ジルバ
  2. ルンバ
  3. チャチャチャ
  4. サンバ
  5. パソ・ドブレ
  6. ジャイブ
  7. ブルース
  8. ワルツ
  9. タンゴ
  10. スローフォックストロット
  11. クイックステップ
  12. べニーズワルツ

です。

この特性を活かして、自分の感情や個性を表現することができます。ダンスを通じて自己表現力を高めることで、つい人目を気にしてしまう方でも、自信がつき、自己肯定感が上がります。

例えば、競技会や発表会に出る場合、それに向けて日々練習をし、普段は着ないような華やかなドレスを着て、いつもの自分とは別人になれるヘアメイクを施します。

いつもと違う自分になれることで、自分の殻をやぶることができ、踊り切った後の達成感は大きな自信に繋がります。

しかも、一人で踊るのではなく、先生やパートナーと一緒に夢を叶えるのです。一人だと不安でも、先生やパートナーが付いていれば、社交ダンス初心者でも、安心して舞台で踊ることができます

特に、先生と踊る場合、振り付けを間違えても先生がちゃんとサポートして修正してくれるので、安心して自信を持って日頃の成果をお披露目することができるでしょう。

自分に自信を持つことで、

  • 自分はこんなに輝ける人間なんだ!
  • これからの人生は主役になって良い!
  • 私はやれば出来る人間なんだ!

とポジティブになり、心も明るくなることで、日頃の仕事や人間関係も上手くいくのではないでしょうか。

オンとオフをはっきりさせることで、仕事もはかどり、目標ができることで、メリハリのある生活になることでしょう。

社交ダンスでなぜ自分を内観できるのか?!

社交ダンスは、身体を通じて自分と向き合うことができます。

自分の体の動きや感覚に意識を向けることで、内面と向き合い、自分自信を深く感じることができます。

ちなみに、自分の動きを繊細に感じていることで、相手の動きを察知することもできるのです。相手をリード、フォローするためにも、まずは自分の動きをコントロールすることが必要です。

自分の動きをコントロールするために、まず必要なのは、

  • 自分の内面・性格を知る
  • 自分の動きの癖を知る
  • 自分の動きを客観的にみる

ことです。

性格は、踊りに顕著に表れることが多いです。社交ダンスは、新しい自分の側面を見つけることもでき、改めて自分を見つめなおす良い機会にもなるでしょう。

よって、より魅力的な自分を発見し、自分が輝ける、自分らしい表現を楽しむことができます。

自分が輝けるポイントを知っておくのは、日常生活においても、強みになるに違いありません。

また、相手の性格や特性も、踊りを通じて身体で感じることができるので、表立ってはみえなかった、隠れた相手の魅力や特性を見つけることにも繋がります。

自分を知る、そして相手を知る、このスキルが自然と身に付くと、日々の人間関係を良くする、コミュニケーション能力を高めることにも繋がります。

 

社交ダンスを今から始めてみたいあなたへ

社交ダンスは、高年にとって、心身ともに健康と幸福感を満たす趣味です。

これまでの内容をおさらいすると、社交ダンスを始めると、

  1. ダイエット効果やアンチエイジングで健康的な身体づくり
  2. ストレスの軽減やトキメキを感じることで内面も健康になる
  3. 認知症の予防でハツラツと!同級生に憧れられる輝かしい存在になる
  4. 社会的交流の促進で人間関係やパートナーシップが向上する
  5. いつもと違う自分の発見により殻を破って自由に生きる

など、数々のメリットがあります。

最近身体のラインが崩れてきた、何をやっても痩せないと感じている50代以上の方には、社交ダンスは無理のないダイエットにもなり、年齢を重ねるごとに10歳若くみられることもかなり期待でき、とてもおすすめです。

仕事では重役を担い、介護もあり、精神面にもストレスを抱え、夫婦関係も安定してきた中高年にとって、ストレス解消やトキメキを感じることが出来る社交ダンスは良い刺激となるでしょう。

また、まだ早いけれども、認知症にならないために、楽しみながら脳トレもできる社交ダンスは、から始めるのは、ちょうど良いと思います。

そして、大人になってから新しい仲間や友達をつくるのは難しいですが、例えしゃべるのが苦手だとしても、踊りでコミュニケーションが図れる社交ダンスなら、きっと同じ感覚の仲間ができることでしょう。

子育ても介護も経験してきた50代以上の中高年は、もうこれからは、自分のために生きる番です!

人目を気にせずに、また、家族や配偶者の目を気にせずに自由に生きるなら、今がスタートするその時です!

  • 身体の健康
  • 心の健康
  • 脳の健康
  • 相手への思いやり
  • 自分の殻を破る

これらを全てを叶えるために、ぜひ社交ダンスを始めてみてください。新しい趣味として楽しむことで、華やかで豊かな人生が待っています。

社交ダンスを始めたいけど、何をしたら良いの?上手に踊るための服や靴はどこで買える?キレイな姿勢の作り方や簡単ステップなどをギュッとまとめた「社交ダンスで美が加速する5つの入門ガイド」を只今、期間限定でプレゼント中です。

是非!今すぐお受け取り下さいね。

このような内容が手に入ります。

  • 社交ダンスはどんな世界なのか
  • 始める前の下準備「美姿勢」づくり
  • キレイに見える服や靴はどんなもの?

しかも今なら!社交ダンスを始める前に必要な下準備ウエストを中心に全身スッキリ痩せるダイエット動画」付きです。

 

こちらをクリックしてどうぞ無料でお受け取り下さい。

↓↓↓