初めて、社交ダンスのレッスンを
受けるにあたって不安に思っている
方に向けての記事を書いてみました。

社交ダンスのレッスンというと、
不安に思われることはありますか?

社交ダンスを始めるに当たってこんな不安はありませんか?

◎グループレッスンで、他の
受講生と比べられてしまうのが
恥ずかしい・・・

◎自分だけ付いていけなかったら
先生に冷たくされるのではないか。

◎自分ができないと相手に迷惑を
かけてしまうのではないか。

◎出来なかった経験がトラウマに
なってしまった!

◎覚えが悪いと授業のペースを
乱してしまうことにならないか?

◎ベテランや経験者の方がいる中、
仲間に入れるのだろうか?

そんな不安を抱えていませんか?

もし、社交ダンスに興味があるけど
このような不安を抱えられていて
なかなか踏み出せずにいるならば

不安に思われる要素について詳しく
書いてみようと思いますので

どうぞご覧下さい。

身体が固くても踊れるのでしょうか

よく、身体が固くてもできるもの
なのかと聞かれることが多いのですが
全く問題ありません。

社交ダンスは、歩ければ誰でも
踊れるダンスです。

TVで観る社交ダンスは、足をあげたり
身体をくねらせるように見えたりと

かなりの運動能力を求められるもの
だと思われがちなのかもしれません。

でも、競技会で戦ったりしないかぎり
普通に歩く延長だとイメージを
して頂けたらと思います。

なので、身体の固さは全く関係
ありません。

クラシックバレエや、新体操など
は、確かにしなやかさが求められる
のかなと思うのですが、

社交ダンスはちょっとこれらのジャンル
とは違うのかなと思っています。

しいて言えば、ちょっと普段よりも
大股に歩くとか、腕を横に開くとか。

そういったことができれば十分だと
思っています。

もし、それでも不安に思われる方
がいらっしゃれば、

手を横に開いてみたり、普段より大股に
歩いてみたりすることを意識されて
みて下さい。

朝起きた時に、全身で伸びをする
のも身体を伸ばすのにおススメですよ。

社交ダンスのステップが覚えられるか不安

ダンスと言うと、まずステップなどの振付
を覚えないといけないと思われている方は
とても多いのではと思います。

バレエやジャズダンスなどは一人で
踊りますが、社交ダンスとなると
二人で踊ります。

なので、覚えられないと相手に迷惑
をかけてしまうのではないかという
不安は誰にでもあるのではないで
しょうか!?

でも、社交ダンスの振付はシンプル
なものが多いです。

バレエのように足をあげたりという
アクロバティックなことはしません。

前に歩く、後ろに歩く、横に歩く。

まず、これを練習もしくはイメージ
してみて下さい。

  • 前に何歩か歩いた後、後ろに何歩
    か歩いてみる。
  • 前に歩いた後、方向転換して歩き
    続けてみる。
  • 蟹さんにように、横に歩いて
    みる。

などです。

これの延長が社交ダンスです。

ステップとか、振付とかと考えて
しまうと、難しく思えてしまいます。

この練習やイメージをしておくと、
前に歩いた後、すぐに後ろにも
歩くことができるようになり、

フットワークが軽くなってきます。

フットワークが軽くなってきたら
その場で足踏みをして歩いてみる
のもおススメですよ!

歩く歩幅を大きくしてみたり、
小さくしてみたり、ゆっくり
歩いたり、早く歩いたり・・・

色んな歩き方ができるように
なると、レッスンにもすーっと
入っていけるのではないでしょうか。

どうしてかと言いますと、
ステップが覚えられない原因として
体重移動に慣れていないということが
あります。

なので、普段から色んな方向に、
色んな速度で歩いてみるように
してみて下さいね。

少しでもお役に立てるかと思います。

初めてでも安心して受けられる社交ダンスレッスン

社交ダンスは、グループレッスン
と、マンツーマンレッスンとあります。

周りと比べられる・・・
自分だけ付いて行けない・・・

そんな不安のある方は、マンツーマン
レッスンの体験をおススメします。

マンツーマンの場合、講師と二人
でレッスンを進めるため、他の
受講生と比べられることはありません。

なので、楽しく自分のペースで
ダンスを始められます。

自分の目的や特徴に合わせて
細かくカリキュラムを調整
できます。

なので、あなたに合ったレッスン
を組むことができるんです。

例えば、ステップを覚えるのが
苦手な方には、覚えるコツなどを
重点的にお伝えします。

運動が苦手な方の場合は、
ウォーミングアップを念入りに
行います。

リズムをとるのが苦手な方の
場合は、音楽をたくさんかけて
音楽の説明もちゃんとします。

相手とコンタクトするのに抵抗
がある方の場合は、身体を離して
組むダンスから入ります。

ウェディングダンスなど、目標が
ある方の場合には、目標に合わせて
専用のスタイルを組んでいきます。

お友達と二人でやりたい方の場合
には、二人だけのクラスを作って
気兼ねなくできる環境をつくります。

このように、マンツーマンの場合、
その方に合わせて色々とカスタマイズ
できます。

なので、安心して焦らずにご受講
頂けるんです。

ちなみに私の場合は、マンツーマン
レッスンがメインです。

楽しくお話をしながらゆっくり
進めていますので

皆さん、1回のレッスンでちゃんと
入門ステップを踊れるようになって
います。

そして、マンツーマンレッスンが
メインのお教室が多い
と思います。

自分のカリキュラムで自分のぺースで
できるので人気があるのでしょうか。

初めての方におススメ!社交ダンスの先生の選び方

それでは、
自分にはどんな先生が合うので
しょうか。

できるだけ、相性が合う先生を
選びたいですよね?

それではいったい、何を基準に
選べば良いのでしょうか。

まず、性格や価値観などの相性
はもちろん大切だと思います。

例えば、
たくさん踊ってくれる先生、説明を
しっかりしてくれる先生。
世間話などのお話が面白い先生など。

それぞれスタイルがあるかと思います。

ですので、最初は何人かの先生の
体験レッスンを受けてみるといいかも
しれませんね。

そして何よりも、自分が一番
リラックスできる相手がおススメです。

気持ちが緊張したり、焦っていたり
すると、覚えられるものも覚えられ
ないですよね。

ぜひ、お近くにお教室があれば、
体験や見学をする時に、先生と
お話してみてはいかがでしょうか。

人としての相性などが少しでも
分かってくるかと思いますよ(^^)

女性の生徒さんは男性の先生という
イメージはありますが、女性の先生
に受ける方はとても多いです。

手を繋ぐのも、異性だと恥ずかしい。
そんな方は、女性の先生に習われる
方が多いです。

私の生徒さんも、ほとんどが女性
です。

是非、一緒にいて安心できる信頼
関係を築ける先生に巡り合えると
いいですね♪

社交ダンスグループレッスンの選び方

もし、グループレッスンから始めたい
方がいらっしゃれば、入門クラスが
あるところを探すと良いと思いますよ。

だいたいどこのお教室も、レベル別の
グループレッスンを用意している
ところが多いと思います。

入門クラスから始まり、初級、初中級、
中級、上級といった感じです。

何が違うかと言いますと、まず習う
種目が違います。

入門クラスですと、簡単な種目の
中でも、覚えやすいステップから
入り、ステップの数も少ないです。

上級にいく程、習う種目も増え、
ステップの数や難易度が上がってきます。

参加する前に見学ができるところも
あるかと思いますので、是非相談
してみて下さいね。

無料で見学できるところがほとんど
だと思いますよ。

同年代の人と社交ダンスを踊りたい!

実際に社交ダンスの体験をしたこと
があると言う方のお話を聞くと、
一番多ご意見がこちらです。

デリケートな方は、相手の匂いなど
も気になってしまい、それが同年代
でないとなると余計気になってしまう。

レッスンに集中するどころではなく、
何回も、初心者同士で踊る時に
足を踏んだりぶつかってしまった。

こういった感想を聞くと、
持った得ないと感じます。

正直、初心者同士でスムーズに
踊るのはけっこう難しいかと思います。

社交ダンスは老若男女の楽しみですが、
ヤングサークルと言って、30代くらい
までの男女を対象にしたサークルがあります。

全部のお教室にヤングサークルが
あるかわわかりませんが、お教室
を選ぶ時に、ヤングクラスがあるか?
確かめてみると、いいと思いますよ。

同年代で気の知れた仲間を作るのにも
最適かもしれません。

組まないで踊る社交ダンスはありませんよね?

どうしても社交ダンスと言うと、
全く知らない異性といきなり手を
繋いで踊るイメージが強い方が多い
うに思えます。

慣れていない方は、一人でエクササイズ
敵に踊るのは楽しそうだけど、知らない
異性と組むのは抵抗がある・・・

そんな声もたくさん耳にします。

一人で踊るダンスはあります。

シャドーと言って、相手が目の前に
いるかのように踊る練習法があります。

私は毎朝組んで踊るまでに、みっちり
シャドー練習を行います。

社交ダンスはペアが基本ですが、
最初のうち、組むのに抵抗がある
方は、シャドーがおススメです。

また、競技会や発表会ではよく
観られるのですが、組まないで
各々が自分のステップを踊る場面も
実際にあるんですよ。

なので、一人でエクササイズ代わりに
踊れるステップもちゃんとあります。

私が昔務めていたお教室には、
シャドー専用のクラスもあった程です。

シャドークラスがあるお教室は
少ないかもしれませんが、知って
おかれるのも良いのではないでしょうか。

パートナーがいないので習いにいけません。

相手がいないのに習いに行けませんよね?
そんな不安も耳にします。

でも、社交ダンスのレッスンは、
基本的に先生と組んで踊ります。

なので、相手がいなくても大丈夫。
むしろ、みなさんお一人でいらっしゃい
ます。

たまに、夫婦でクルージングに行く
等で、ペアで来られる方もまれに
いらっしゃいますが、

9割以上の生徒さんは、お一人で
受けられています。

目的が、競技とかになれば、先生
にも協力してもらって相手を
探されることをおススメします。

ですので、どうぞご安心下さいね。

ちょっと身体を動かしたくなった方におススメのエクササイズ

ちょっと身体を動かしてみようかな
そんな風に感じたら、

まずはお家でもできるエクササイズ
から始めてみられるのもおススメです。

好きな音楽をかけてみて、音楽に
身体を委ねるだけでも心がリラックス
して、身体が動きやすくなってきます。

ちょっと、私のおススメのエクササイズ
を、ご紹介してみますね。

肩周りから背中を気持ちよく伸ばせる
ストレッチ動画はこちらです⇓⇓

そして足のむくみをとる、ハイヒール
をキレイに履きこなす足になる動画
はこちらです⇓⇓

 

少しでも、社交ダンスをやってみようかなと思っている方へ

社交ダンスを始めてみようか
迷われていらっしゃるようで
あれば、まずは入門ガイドを
ご覧下さい。

シューズや服、身体づくりに
ついてなど、詳しくかいて
あります。

どうぞ無料でお受け取り頂ければ
と思います。

◎社交ダンスをされる方のために
必要な衣装や靴などはどこで
買えば良いのか?
社交ダンスを始める前の基礎知識
に関する資料を無料でプレゼント
します(^^)/
↓↓↓こちらからお受け取り下さい↓↓↓


◎初めてでも優雅に踊るための
美しい姿勢とボディづくりの動画を
期間限定
でプレゼント中です♪
↓↓↓LINE登録でこちらからお受け取り下さい♪↓↓↓
QRコードでのご登録はこちら↓↓

——————————–

※お問い合わせはこちらから